タオルウエスとは?ウエスの王様タオルウエス

こんにちは。

タオルウエスと言っても種類が沢山あり、「どれを選んだら良いのかわからない!」と思っている方もいると思います。

今回はそんなタオルウエス全般について解説します。最後までお付き合い頂ければ幸いです。

ウエス屋ねんでの取り扱いがあるタオルウエスは、
タオルウエス(カット済み)ごめんなさい休売中です><販売再開!
フェイスタオルウエス(未カット)
タオルハンカチウエス(未カット)
バスタオルウエス(カット済み)」ごめんなさい休売中です><
の4種類になります。

原料となるタオル生地によって種類があり、ウエスの製造元によってさらに細かく分類されているところや逆に分類を少なくしているところもありますが、基本的にはタオル生地を裁断して(裁断していないものもあります)ウエスにしています。

他のウエスに比べ、吸水性・吸油性が優れています。

タオルウエスの特長

タオルウエスの特長は何と言っても、ほかのウエスより圧倒的に優れている吸水性です。

だってタオル生地ですもの、当然ですね。

タオルウエスの種類

タオルウエスには複数の種類があり、カットの有無やタオルの大きさによって分かれています。それではどのような種類があるか解説していきます。

「タオルウエス」と言えば、タオルやタオル地の衣類をカットしたウエスで、約20~50cm四方にカットされたウエスになります。

「フェイスタオルウエス」はフェイスタオルサイズのタオルをそのままウエスにしています。タオルのサイズは製造メーカーによって異なりますが、約33~40cm×約75~80cmの大きさになります。

「タオルハンカチウエス」はタオルハンカチやおしぼりをウエスにしたもので、カットはしていません。

大きさも約20~25cm四方と手に収まるサイズで使い勝手の良い大きさです。

「バスタオルウエス」は販売店によって異なりますが、ウエス屋ねんでの場合はタオルウエスと同サイズ程度にカットしています。

タオルウエスとの違いは厚みで、バスタオルウエスの方がタオルウエスより厚みがあります。

他にもタオルウエスには種類がありますが、ウエス屋ねんでの取り扱いは4種類になります。

タオルウエスの原料

タオルウエスは家庭などで使われた古タオルが主な原料となっていて、タオル地の衣類なども含まれています。

ほかには飲食店などで繰り返し使われたおしぼりやホテルなどの宿泊施設で使われたタオルも混ざっています。

これらのタオルを回収したのち、タオルの大きさごとに選別していきます。

フェイスタオルサイズはフェイスタオルウエスに、
タオルハンカチ・おしぼりはタオルハンカチウエスに、
バスタオルはカットしてバスタオルウエス(カット済み)に、
残りのタオル類はカットしてタオルウエス(カット済み)になります。

最後に

タオルウエスは種類が豊富なので、使用する現場やシチュエーションを良く考えて選んでください。

細かな部分に使用するのに大きなカットサイズのバスタオルウエスを選ぶと拭き取りにくくなりますし、広い面をふくのにタオルハンカチウエスでは小さすぎます。

自分にあったウエスを見つけてウエスを使い倒してください。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

解説内容に誤りやご意見がございましたらコメントをお願い致します。それではまたお会いしましょう。

ウエスのご注文は【ウエス屋ねん】

タオルウエスカテゴリの最新記事