中古毛布活用術 あて布やあて布団、養生シートまで

中古毛布活用術 あて布やあて布団、養生シートまで

こんにちは。

今回は中古毛布ついての記事です。

中古毛布とは一般家庭で使用し不要になった毛布です。

寝具として利用できなくなった毛布ですが、業務用品としてみるとまだまだ使える立派な毛布です。

それでは中古毛布にどんな利用方法があるか解説していきます。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

中古毛布活用術① あて布・あて布団として

中古毛布活用術の一つ目はトラック運送時や一般家庭への大型荷物の納品時のあて布・あて布団としての利用です。

家具家電などの移動や搬入時、設置時にあて布として利用できます。

実際に大小運送会社や街の家電屋さんなどからご注文を頂いております。

また、2~3月時期は引っ越し会社でのご利用も増えています。

専用品を使うより経費削減になるのは間違いないので人気です。

中古バイク屋の方から聞いた話ですが、中古毛布を普段はホコリや汚れが付かないようにカバーとして利用し、運送時には傷が付かないようにあて布代わりに使っているとのことでした。

専用カバーなどはあるが安い物だと薄く、バイクを守れないそうで、中古毛布だと両方できるので使いやすいそうです。

中古毛布活用術② 養生シートの代用品

これは実際に現場で見てきた(偶然ですが)ことなのですが、家庭で利用されている大型家電などが故障した際、修理に来る業者の方が工具などを広げる前に中古の毛布を足元に広げて作業されていました。

我が家では洗濯機・ガスコンロ・エアコンが立て続けに故障し、修理をしてもらったのですが、3社とも古毛布を足元に広げていました。

専用品だと価格が高い割に中古毛布と同じように汚れていきます。

客の前で汚れたシートを広げるわけにもいかないので、価格の安く使い捨てのできる中古毛布の方がコスト面で優れています。

中古毛布活用術③ ペット用に

ペット用の寝具に中古毛布がお勧めです。

新しい毛布を与えてもスグに引っ掻いたり、噛みついたりしてボロボロに、、なんてことがあると思いますが、中古毛布なら新品毛布に比べ、断然安いので気軽に取り換えることが出来ます。

また、保護犬などのお世話をされている施設や団体への寄付用にご注文頂いております。

直接行ってお手伝いや寄付などは出来ないけど、手助けをしたいという方から施設などへ直送依頼を承っています。

最後に

中古毛布はあて布やあて布団として活用でき、養生シートの代用品として利用できる万能アイテムです。

専用品を買う前に一度、中古毛布を試してみるのもありだと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

記事内容に誤りやご意見・記事リクエストがございましたらコメントをお願い致します。それではまたお会いしましょう。

ウエスのご注文は【ウエス屋ねん】

ウエスのご注文は【ウエス屋ねん】

中古毛布・緩衝材カテゴリの最新記事